日蓮宗妙玉寺 トップ » 佐賀藩鍋島家の歴史

佐賀藩 鍋島茂賢


佐賀藩 鍋島茂賢のお墓

鍋島茂賢夫妻と殉職した家臣の墓

鍋島 茂賢(なべしま しげまさ、元亀2年(1571年) - 正保2年2月9日(1645年3月6日))は、肥前国佐賀藩の重臣。 佐賀藩深堀六千石の邑主。前室は龍造寺家俊の娘。後室は龍造寺長信の娘真光院。 龍造寺隆信の旗本石井安芸守信忠の次男。母は石井左衛門尉忠俊女大宝院(鍋島直茂正室陽泰院姪)。 孫六、七左衛門、伊豆守、安芸守、茂忠と称す。直茂の養子鍋島茂里の実弟。 実父石井信忠戦死後、実母大宝院が、肥前国俵石城主深堀純賢に再縁したことにより、 連れ子として純賢の養子となり、深堀氏の名跡を相続。後に、鍋島姓を与えられ、 深堀鍋島家六千石の初代邑主となった。

朝鮮の役・関ヶ原の戦い後の柳川の戦いでも活躍した。 少年時代は、神社の本殿を鉄砲で撃ち抜くなどのやんちゃぶりを見せ、その後も、歯に衣着せぬ物言いで、 武勇の誉めれも高く、豪胆な器量を備えていただけではなく頭脳明晰で、心優しい一面もあった。茂賢没後、 かつて戦場で「ともに死のう」と約した家臣18名が、周囲の反対を押し切って殉死を遂げている。 妙玉寺にある墓所には、茂賢夫妻と殉死した家臣もともに葬られ、茂賢の人望の厚さを今に伝えている。

佐賀藩 鍋島茂里


佐賀藩 鍋島茂里のお墓

佐賀藩 鍋島茂里のお墓

鍋島 茂里(なべしま しげさと、永禄12年(1569年) - 慶長15年8月8日(1610年9月24日))は、肥前国佐賀藩の重臣。横岳鍋島家の祖。 龍造寺隆信の旗本石井安芸守信忠の長男。四郎兵衛、太郎五郎、左衛門太夫、平五郎、主水佑、家俊などと称する。 天正7年(1579年)、男子に恵まれなかった鍋島直茂・陽泰院夫妻に器量を見込まれて養子となり、直茂が前室との間に生まれた長女伊勢龍姫を 娶わせた。なお、茂里の母は陽泰院の姪である。直茂の嫡男勝茂が生まれる以前は、茂里が鍋島家の継嗣とされた。しかし翌年、直茂夫妻に嫡男勝茂が誕生したため、 その後、肥前国神埼郡西郷村に三千石を与えられ、一家を立てた。天正12年(1584年)の沖田畷の戦いでは、養父直茂に従って初陣を飾るも、龍造寺軍の敗北により、 直茂とともに退却。そのとき勇ましい戦い振りであったので、直茂は鍋島軍の先鋒は茂里がつとめることを決める。さらに朝鮮役では、一軍を率いて渡海。直茂・勝茂父子 を輔弼し、大いに功績があった。関ヶ原の戦い後の柳川の戦いでも、軍略の立案から先鋒までを茂里が担当し、直茂・勝茂父子の信任を得た。 長男・鍋島茂宗、次男・三四郎(犬塚家養子)、長女・瑞光院(龍造寺高房正室)、次女・於仁王(小城藩主鍋島元茂正室)がいた。一貫して直茂・勝茂父子の輔弼にあたり、 軍略はもよとり、内政、外交、築城など多彩な才能を示し、鍋島生三とともに初期の佐賀藩の執政として藩政の基礎を固めた。 後に七千五百石を領し、子孫代々家老をつとめ、明治維新に至る。

所在地

大宝山 妙玉寺
〒840-0025 佐賀県佐賀市本庄町鹿子104
tel:0952-24-6641 Email:info@hougyoku.org